インストラクタープロフィール

 山本 亜里早(やまもと ありさ) 

 2016年11月に『3色パステルアートインストラクター』の資格を取得 
※一般社団法人 日本心理療法協会 認定
 
1977年 群馬県生まれ
現在、東京都小平市在住
夫と娘、息子の4人暮らし
 

メッセージ

  絵は、好きでも嫌いでもなかった… 
「どちらかと言えば絵は苦手、普段描くのは子供と遊んでいる時くらい。」
それまでの私が絵を描くことに関して聞かれたら、このように答えたと思います。その私が3色パステルアートのインストラクターになったきっかけは、偶然目に付いたから。

 

5年ほど産後うつ病でやりきれない日々を送っていた私が、少し調子が良くなってきたことを実感し始めていたころでした。浮き沈みを繰り返していたのにここ数ヶ月はなんだかやる気があり楽しい日々が続いている、これは良い傾向なのではないかと。
そこで何か始めたいと漠然と考えていたところにたまたま、本当にたまたま3色パステルアートのホームページを見つけ、「これは私にピッタリなのでは?」となぜだか思ったのです。絵が好きというわけでもないのに。

 

さっそく夫に相談、長いこと私の病に付き合ってきた夫はやる気を見せる私に大賛成。すぐに体験に申し込むことを進めてくれました。
そして体験の日。遠い昔小学生の頃、理由は覚えていませんが母親が何色も入っているパステルを買ってくれた記憶があります。確か使ったのは1度か、2度か…パステルの経験と言えばその程度でほとんど初めて、使い方もわかりませんでした。でもやってみて思ったのです。「なんかこれ、すっごく楽しいんじゃない?!」そしてすぐにインストラクターになろうと決意…。

 

きっかけは単純でしたが、経験していくうちに誰でも笑顔になっちゃう素敵なものだと実感しています。そのお陰なのか私はそれ以降、うつ状態に戻る感覚はなく気持ちは前進しているので、3色パステルアートを選んだことが自分にとって正解だったと思っています。
絵が苦手でも全然関係なくつい夢中になって描いてしまう。ふと気付くとなんだかそれなりにいい感じの作品になっていてもっといろいろ描いてみたくなってしまう。この感覚、ぜひたくさんの方に体験していただきたいです!