2021年1月19日(火)、小平仲町クリニック様のショートケアにて3色パステルアート講座でした。
8名の方にご参加いただきました。

まだまだ寒い日が続きますね。
翌日は「大寒」ということで、雪景色を描きました。

雪の丘を描いた3色パステルアート

空の色合いとタッチが、寒さと優しさを感じさせてくれます。
木を小さく描くことに集中している方が多く、そのため空が広く高く…
雄大な風景がとても素敵ですね。

次の作品はちょっといつもとは違う感じで、「立春大吉」のお札です。
大寒が過ぎるといよいよ立春がやってきますね。
旧暦では新しい年の始まりとされていたため、厄除けとしてこの時期に「立春大吉」と書かれたお札を門前に貼るのが禅寺の習慣なのだそうです。
色々と調べていてたまたま発見し、自分で作る方も結構いらっしゃるということを知りました。
たぶん手書きが一番で他にも色々とお作法はあると思うのですが、パステルの講座なので台紙部分を作成して文字は印刷したものを用意させていただきました。

出来上がった作品はこちらです。

3色パステルアートで立春大吉のお札

図柄は日本の伝統的な和紙工芸、「王朝継ぎ紙」をイメージしてみました。
これも調べていてたまたま見つけたのですが、似た感じに描けるかな?ということで、雰囲気だけ真似てみました。

とても色鮮やかな素敵な作品ができました。
華やかで春を迎えるのにぴったりですね。
生活に季節の行事を取り入れるちょっとしたきっかけになったら嬉しいです。

皆様、ありがとうございました。